潮吹きをした女性がどう感じているか

潮吹きをした女性がどう感じているか〜基礎知識編2〜

潮吹きをした女性がどう感じているか

 実際に潮を吹いた女性たちの証言によると、潮を発射するときの感覚と尿が出る際の感覚とはまったく別ものです。性的な快感という意味での気持ちよさというよりも、どちらかというと“爽快感”や“すがすがしい気持ちよさ”に近いようです。ただし、オ○ガズムと同時に潮吹きをした場合は、その爽快感と絶頂感が同時に起こるため、かなりの気持ちよさを感じています。 
 A☆Vの潮吹きシーンなどを見ると、何メートルもものすごい勢いで大量に潮を吹いているケースがあり、女性が狂ったようにあえいでいますが、あれはあくまでも演出であり、そもそも潮自体が尿か仕込まれたものである場合もあります。
 ですが、潮吹き現象そのものは実際に起こる現象であるため、すべてが嘘かといえばそんなことはありません。ただ、本当の潮吹きでは「勢い」も「量」も「女性の感覚」もそれほど大げさではなく、潮吹きそのものだけの快感は男性が思うほど過激ではないということです。男性が射☆精する液体は、かなりの量を前立腺液が占めています。その前立腺液と精子が一緒になって放出されます。女性には精子はありませんが、同様に前立腺液が出てしまったことを「潮吹き」とされているのではないか、ということなのです。

潮吹きとGスポットの関係

 潮を吹かせるにはGスポットが有効です。Gスポットをピンポイントで刺激した場合に潮を吹くことが多く確認されているからです。最近では、大人のオ○チャでもこのGスポットをピンポイントで攻めるためのものが販売されています。手ではできない動きをするため、なかなか上手くいかない人にとってはいいグッズかもしれません。
 このGスポットは、潮吹きとは関係なくそもそも強い性感を感じるポイントですので、ふだんから意識して活用するようにしていると、だんだん開発されていくことで潮吹きが突然起きるということもあるようです。

潮吹きは挿入でも起きるのか

 通常、潮吹きは手や指ででGスポットをピンポイントに攻めると起きるとされていますが、なかにはペ○スの挿入でも潮を吹く女性がいます。この場合は、潮を吹く時点でかなり女性の感度が上がっている場合が多いようです。
 起こり方を具体的に描写すると、正常☆位の体勢で男性がペ○スを膣から抜く瞬間に、ピュピュッという感じです。この時、直後にバックの体位で激しくピストンするとさらに吹くことが多くあります。
 挿入で潮を吹くのには、ペ○スの角度がおおいに関係しています。
 ですから、セ○クスの際に体位をあれこれと変える場合に起こりやすいといえるでしょう。体位を変えるということはペ○スの角度がさまざまに変わり、同時に女性の体勢も変わります。そうしているうちに、上手い具合に角度と体勢が潮を吹きやすい組み合わせになる可能性が高まるからです。

潮吹きの前の注意点

潮吹きをさせようとしてすぐにできる人はほとんどいません。一回目で成功がのぞめないとなれば、少しでもダメな行為は避けたいものです。
そこで、いくつかの注意点をまとめました。
1.恥骨から指3本〜4本上半身側を押さえながらやる方法は、力の加減が出来ないせいで女性が痛がることがあります。
2.長時間やると愛液の量が少なくなり、女性器が乾きやすくなるため、今日はダメだと感じたらすぐにやめてください。
3.必ず爪を切ること。痛がられるだけでなく、膣内を傷付け性病などの感染原因になります。
4.無理やり吹かせようとしてはだめです。潮吹きは女性の身体的、精神的な調子に大きく左右されます。吹きやすい女性でもいつも吹くとは限りません。
5.潮吹きのプレッシャーを与えないこと。潮吹きに限らずセ○クスは女性の体調や心の状態が大きく影響します。また、潮吹きの失敗と成功は男性のテクニックにもよると自覚してとりかかってください。


ホーム サイトマップ