Gスポットで潮吹きさせる

Gスポットで潮吹きさせる

Gスポットで潮吹きさせる

 潮吹きをさせるには、女性の羞恥心を取り除いて、リラックスしたセ○クスをする事が前提であることは前述したとおりです。男性との関係性も慣れ親しんだもので、オープンなセ○クスできる関係なら、潮吹きを意識してトライすれば、ものすごく難しいわけではありません。
 Gスポットの位置を詳しく説明すると、膣に指をいれて第一関節を曲げたあたりの膀胱下部、尿道口の真裏にあります。さわり心地は基本的にざらざらしています。強い快感を得る場所とはいえど、膣内部はもともと鈍感な部分ですので、まずは開発が必要です。
 鈍感とはいえど膣の内部の中でもGスポットは感じ易いポイントです。これは経験豊富な女性なら大概そのように言います。一度「ここがGスポットだな」と確信を得たら、そこを重点的に入念に責めます。場所が間違っていなければ、だんだんGスポット部分に液が溜まったような「たぷたぷ」といった感じになってきます。
 初心者の女性はここで「おもらししてはいけない!」と身構えてしまいます。そこで、男性は力を抜いてもらしちゃってもいいんだと思わせるように、うまく会話で誘導します。
 ポイントをずらさないように気をつけながら、さらにGスポットを攻め続けていくと、案外すっと成功できます。ただし、潮吹きだけを目的に指でガシガシと激しく、力強く攻める責めるのは禁物。
女性側に抵抗がなければ、Gスポット専用の大人のオ○チャを使ってもいいかもしれません。スティックタイプのローターでは、Gスポット用に先端の曲がったものがあり、挿入するためのバイブではGスポットの位置に独立したバイブ機能を埋め込んだものなどがあります。

Gスポットの刺激法

Gスポットを刺激していくと膣内に愛液が溜まります。それが膣内の膣壁を浸透していき、尿道の側に染み出します。しかし、尿道の体積はあまり大きくないため、ので、やがて尿道はパンパンになります。水がいっぱい入っている風船を指で押せば中の圧力は高まりますよね。そのままグーッと押せば出口から勢いよく水が吹きだしてきます。潮吹きもこれと同じ原理です。
愛液がたまった尿道の裏側(Gスポット)を刺激し続けることによって、尿道内の水圧が高まっていき、やがてその圧力に尿道括約筋が耐えられなくなったときに潮吹きが起こるのです。
 具体的なやり方は、L字の形にした指の腹でGスポットをグイグイと押すように刺激します。この時、膣壁から指をあまり離さないようにするのがポイントです。触ったまま押す、という感じですね。
 Gスポットというのは、ある特定の範囲のことです。その範囲のなかに一点、他の部分よりも敏感に感じる場所がありますので、そこを女性の反応などを見つつ探します。突然女性の声が大きくなったとか、ビクッとさせたといった場合は特にその瞬間に触っていた箇所を重点的に攻めましょう。
 このとき、腕はピンと伸ばしていてください。L字の指を手前に引くようにして刺激するのが潮吹き成功のコツです。
「トン、トン、トン、トン」とか「ぐっぐっぐっぐ」といった規則的なリズムで刺激してください。
尿道内が愛液で満たされてくると、Gスポットの辺りがだんだん硬くなっていきます。これが、尿道内の圧が高まり、膣内が圧迫されている現象です。ここまできたらもう潮吹き目前です。軽くペースを上げてもいいでしょう。

Gスポットを刺激するときの注意点

 これは非常に多くの男性がやりがちなのですが、指で刺激する際に、指の出し入れはしないようにしてください。A☆Vでは激しく指のピストン運動をしていますが、これはあくまでもインパクトを出すための演出として行われているので、実践的な潮吹きには正解とはいえません。むしろ障害ともなりえますので厳禁です。手や指を使う場合は、動かすのはあくまでも「手首から指先」だけです。潮吹きがどうしてもうまくいかないという男性に詳しく聞いてみると、ほとんどの男性がこの出し入れをしてしまっています。


ホーム サイトマップ